自律神経失調症を改善する薬

自律神経失調症を改善する薬記事一覧

自律神経失調症は自律神経が乱れることから、ホルモンバランスを大きく乱してしまうことが少なからずあります。また逆に、更年期などホルモンバランスを崩しがちな時期に、ホルモンバランス変動から自律神経失調症を招くこともまた多いのです。いずれにしても自律神経失調症とホルモンバランス失調はセットになっていることが多いため、ホルモンバランスによる身体症状が強ければホルモン剤が投与されることもあります。ホルモンは...

自律神経失調症は重い症状が集中的に現れることもありますがそれは稀で、多くは軽い症状が慢性化するように進行していき、これはむしろ治療のしやすさ・速やかな解消という側面では好ましくないとさえ言えます。慢性的な軽い症状の状態で強い薬を長期にわたって服用するのは問題が多く、そのようなケースでは安全性のより高い漢方薬を好んで使われることがあります。漢方薬は気や血・水の流れをコントロールするという考え方がベー...

自律神経失調症の中でも生活水準を大きく引き下げてしまう症状が不眠症です。不眠は日中の眠気を誘い、悪化すればやがては昼夜逆転となってしまい社会との接点がどんどん失われていってしまうため、自律神経失調症そのものもどんどん悪くなっていくという悪循環に陥りがちです。したがって不眠症のある自律神経失調症患者には睡眠薬もよく処方されます。現代の睡眠薬は、少なくとも薬理作用としての副作用や依存性はかなり低くなっ...

自律神経失調症の症状そのものを緩和する対症療法としては抗不安薬・精神安定剤などが用いられますが、自律神経失調症自体を根本的に改善するためには自律神経調整薬・自律神経末梢作用薬などが用いられます。自律神経失調症はストレスや不規則な生活習慣などが原因として発生していますが、一度自律神経が乱れてしまうとこれらの原因を取り除いてもすぐに自律神経のバランスが取り戻されることはほとんどありません。自律神経失調...

自律神経失調症には自律神経を乱している明確な原因があるため、根治のためには原因を何とかする必要があります。ですが、それはそれとして、社会生活を正常に継続するためや周囲との問題を起こさないようにするために症状そのものを速やかに抑えたいというニーズは患者さんから常に聞かれます。そのため、自律神経失調症の対症療法として抗不安薬や精神安定剤がよく処方されます。特に自律神経失調症では情緒不安定が周りの人間と...

自律神経失調症の対症療法としては抗不安薬が一般的に用いられますが、抗不安薬では効果が十分ではないほど症状が強い場合や、衝動性が強く危険な状態であると判断される場合には、より強い薬である抗うつ薬が処方されます。抗うつ薬は名前の通り本来はうつ病の症状緩和のために用いられる薬ですが、他の病気の症状によるうつ症状の緩和にも用いられ、自律神経失調症にも適用となります。抗うつ薬は抗不安薬・精神安定剤よりも薬理...