自律神経失調症の不眠に睡眠薬

自律神経失調症の中でも生活水準を大きく引き下げてしまう症状が不眠症です。不眠は日中の眠気を誘い、悪化すればやがては昼夜逆転となってしまい社会との接点がどんどん失われていってしまうため、自律神経失調症そのものもどんどん悪くなっていくという悪循環に陥りがちです。したがって不眠症のある自律神経失調症患者には睡眠薬もよく処方されます。

 

現代の睡眠薬は、少なくとも薬理作用としての副作用や依存性はかなり低くなっており、安全性が高くなっていますが、それでも十分に弱い薬から処方していくのが通例です。

 

しかし自律神経失調症では、不眠や睡眠障害が大元の自律神経失調症を悪化させる原因となるため、必要に応じて最初から強めの薬を出すこともあります。

 

強めの睡眠薬だとしても一般的にイメージされるような薬依存などはほとんど心配不要ですが、飲み始めの副作用は起こる可能性がありますので医師と意思疎通を図る必要があること、また薬を止める際には計画的な減薬が必要なことは知っておきましょう。

 

睡眠薬は強い薬であればあるほど離脱症状が強く表れます。もう治ったからと自己判断で病院に行くのを止め、勝手に薬を止めてしまうと強い離脱症状に苦しめられることになりますし、最悪の場合離脱症状が固定化するということもあり得ます。

 

睡眠薬が最初に処方されるときに、医師に強く言われることと思いますが、治療が完了しても減薬を経由して薬を止めなければなりませんので、薬を止めるにしても医師の指示にきちんとしたがってください。