自律神経失調症を整える薬

自律神経失調症の症状そのものを緩和する対症療法としては抗不安薬・精神安定剤などが用いられますが、自律神経失調症自体を根本的に改善するためには自律神経調整薬・自律神経末梢作用薬などが用いられます。

 

自律神経失調症はストレスや不規則な生活習慣などが原因として発生していますが、一度自律神経が乱れてしまうとこれらの原因を取り除いてもすぐに自律神経のバランスが取り戻されることはほとんどありません。自律神経失調症は生活に支障を来すことが多いため、原因を解消することはもちろん、それと平行して自律神経調整薬などにより積極的に自律神経のバランスを整えていきます。

 

自律神経は生命に関わる重要な神経

 

自律神経というのは生命維持にすら直接的に関わっている、非常に重要な神経系統です。したがって自律神経に大きく介入する薬というのは危険であるため、自律神経調整薬・自律神経末梢作用薬の作用は緩やかなものとなっています。

 

効果が出るまでに時間がかかるため、即効性は期待せずあくまで総合的な治療の一手段として続ける必要があります。つまり、さしあたって出ている症状が辛ければ抗不安薬なども併用する必要があるということです。

 

副作用も起きやすい

 

自律神経調整薬・自律神経末梢作用薬は十分に効果が緩やかで安全性が高いですが、それでも自律神経に手を加えることになるのは間違いないため、自律神経が強く関わっている眠気・胃酸分泌・血圧変動などに影響を与える可能性があります。具体的な副作用としては慢性的な眠気や胸焼け、めまいや立ちくらみなどの報告があります。

 

薬よりサプリという選択肢もある

 

自律神経を整える薬といえども即効性が期待できない上に副作用リスクが高いとされます。となれば、同じ即効性はなくとも副作用のリスクが低く身体への負担が少ない自律神経を整えるサプリを利用するのもアリでしょう。

 

神経バランスを整える成分配合「にんにく玉ゴールド」
にんにく玉ゴールドは、神経バランスの調整におすめのアリチアミンが含まれるサプリメントになります。アリチアミンは、にんにく特有成分アリシンとビタミンB群の合成により生成され、神経の乱れを安定させる働きを持つ優秀成分です。