自律神経失調症に良いローヤルゼリー

自律神経失調症の改善に役立つ健康食品としてあげられることの多い食品にローヤルゼリーがあります。ローヤルゼリーは希少でそれなりに値も貼るため日本ではあまり普及しておらず、ハチミツの一種というような認識の方も少なくないと思います。しかし、ローヤルゼリーはハチミツとは全く異なる食品であり、単なる健康食に留まらず体の中で特異な働きを行うため、自律神経の安定化や自律神経失調症の改善にはうってつけの食品です。

 

ローヤルゼリーはご存じの方も多いと思いますが、女王蜂のえさとして働き蜂が作るものです。働き蜂はハチミツを食べますが、女王蜂のみがローヤルゼリーだけを食べて育ちます。そのため女王蜂は働き蜂よりもずっと大きく成長し、また寿命もずっと長いのです。

 

前述の通りハチミツとローヤルゼリーは全く異なるもので、ローヤルゼリーは花粉などを元に働き蜂が作り出す分泌液ですが、成分組成で比較するとハチミツは天然のビタミン・ミネラルなども広く含まれるものの基本的には糖質が多く、優れた運動エネルギー源といったものですが、ローヤルゼリーは新たな命を絶え間なく産み出すための特殊な栄養素が非常に豊富に含まれています。その中でもデセン酸は、ローヤルゼリーの優れた健康効果を形成する代表的な栄養素となっています。

 

ローヤルゼリーが自律神経失調症に対して効果を現す機序は、デセン酸がホルモンバランスを正常化することによります。特にデセン酸はエストロゲンの働きを増強したり分泌を促進する作用があるため、エストロゲンが不足することでホルモンバランスが崩れることによる自律神経失調症の改善に非常に効果的です。