自律神経失調症の冷え性、しびれ

自律神経失調症ではほてりや熱感も起こりますが、一方で冷えやしびれも起こります。対照的な症状に思えるかもしれませんが、実は原因はどちらも同じ血行不良なのです。血行不良でそのまま冷えやしびれが起こったり、体が反発を起こすことでほてりや熱感が発生したりもするのです。

 

自律神経失調症の冷えやしびれは、とにかく何故冷えているのかわからないような妙なタイミングで発生します。もちろん寒くもないし、体が冷えるようなタイミングでもないのに急に手足などの末端が冷え始めます。特に手に力が入らないという訴えは自律神経失調症の冷えの場合よく耳にします。

 

冷え性をたかが冷え性と軽視する方も多いのですが、特に血行不良による冷えは冷えに留まらず虚血性疾患などの原因にさえなるため注意が必要です。血行不良による冷えというのは、要は血管が収縮し狭くなることによる末端の冷えです。ですから血管は詰まりやすくなりますし末端に栄養は行きづらくなり、健康上も大きなリスクなのです。

 

ほてりや熱感がある場合は元々血行不良が原因なのですから冷やしてはなりませんが、逆に冷えやしびれがある場合はしっかりと暖めます。ぬるいお風呂に長時間つかるのは最適で、自律神経のバランスも改善されます。また睡眠中の冷えを防ぐように、靴下や手袋を着用して寝ることを検討してみてもいいでしょう。積極的加温も有効ではありますが、くれぐれも低温やけどなどには気をつけましょう。