自律神経失調症の生理不順

自律神経失調症に陥るとほとんどの場合ホルモンの分泌量が乱れホルモンバランス異常となるのですが、女性の場合特に問題となるのが生理不順です。生理不順が起こると生理痛なども悪化する傾向にあり、さらには生理不順を起こすことがさらにホルモンバランスの分泌を乱していくため大きな問題なのです。

 

ご存じの通り生理は約1ヶ月サイクルで生理が定期的に起こるようになっていますが、これは女性ホルモンのバランスによって引き起こされています。具体的にはエストロゲンとプロゲステロンのどちらが優位になっているかによって生理のサイクルは変動していき、生理前はプロゲステロンが優位になっていき、生理中は均衡状態、生理後はエストロゲンが優位になるという経過を示します。

 

しかし何らかの問題でこのバランスが崩れると生理周期も異常になってしまいます。特に生理痛や不快な症状の原因となっているのはプロゲステロンですので、生理不順と共に不快な症状が強く表れた場合はプロゲステロンが異常に優位となっている可能性があります。

 

自律神経失調症全般に言えますが、特に生理不順がある場合にはホルモンバランスを意識して改善する必要があります。女性ホルモンのバランス異常の場合、食事で手軽に摂取できるイソフラボンという女性ホルモン様物質がありますので活用しない手はありません。大豆食品は毎日少量ずつでもいいので定期的に摂取するようにしましょう。あとは、安定した生活習慣を送り体を冷やさないようにすることです。