自律神経失調症改善サプリランキング完全版

自律神経失調症を改善するには?

自律神経のバランスが崩れると、微熱・めまい・イライラ・頭痛・食欲不振など多岐にわたる症状を引き起こす原因となります。対処法によく食生活の見直し、運動習慣などが言われますが、それがすぐにできれば苦労しません。

 

そこで当サイトは手軽に自律神経を整える対策としてサプリの利用をおすすめしています。乱れた自律神経の改善に効果的なアリチアミンやローヤルゼリー、サポニンなどの有効成分を配合したサプリを紹介しています。どうぞ参考にしてください。

 

自律神経を整えるサプリランキング

にんにく玉ゴールドの特徴

にんにく玉ゴールドは、にんにくのアリシンとビタミンB群により合成されるリラックス成分アリチアミンが含まれるサプリメントになります。アリチアミンは脳や神経の乱れを安定させる働きがあるとされ、自律神経失調症の症状に悩む方に注目されています。アリチアミンを含むにんにく玉ゴールドが当サイトから1ヵ月お試しセットの購入が可能です。

価格 2400円
評価 評価5
備考 1ヵ月お試しセット

 

ローヤルゼリーキングの特徴

ローヤルゼリーキングは、山田養蜂場が販売する高品質なローヤルゼリーを配合したサプリメントになります。ローヤルゼリーに含まれるデセン酸は自律神経の乱れを整える作用があるとして根強い人気があります。また、ローヤルゼリーキングは独自の酵素分解技術を採用しており、体内への吸収力が高く、実感力に長けたサプリメントとなっています。今なら当サイトからお試し6日分の購入が可能です。

価格 1080円
評価 評価4
備考 お試し6日分

 

白井田七の特徴

白井田七は、高麗人参を超えるサポニン含有量を誇る田七人参を配合したサプリメントになります。田七人参のサポニンは崩れたバランスを整えるほか、めぐりを良くする働きが期待できます。さらに、フラボノイドやギャバなどの有効成分も含まれており満足度の高いサプリメントです。値段に見合った価値ある一品。万一納得いかない場合は返金にも対応しています。

価格 3980円
評価 評価4
備考 15日間返金保証

 

自律神経失調症の原因はなに?

 

自律神経失調症とは、その名の通り自律神経の調子がおかしくなることによる諸症状のことを指します。自律神経は不随意的に動く神経の総称ですから、自律神経失調症が指す状態は非常に広いことがわかると思います。

 

実際に器質的な問題が無く原因のわからない体調不良を自律神経失調症にしておくといった運用のされ方をしていることもありますが、それはさておき実際に自律神経が失調することはよくあることです。

 

自律神経は交感神経と副交感神経の二つがあり、この二つがバランスを取り合うことで人間の体の機能は正常に動いています。

 

バランスを取るといっても常に二つの神経が同レベルを維持しているというわけではなく、時間によって交感神経が優位になったり、副交感神経が優位になったりと、だいたい決まった日内変動を取ります。しかしこの決まったバランスを無視して、どちらかの神経が常に優位になってしまったりすると自律神経失調症が発生することになります。

 

自律神経は脈や血圧、睡眠、活動レベルの調節など重要な機能を司っているため、自律神経失調症は非常に多彩な症状を呈します。そしてその中でも不眠や胃酸過多などが多く、一般的にストレスによって引き起こされる身体症状として想像されるようなものが高頻度で発生します。

 

実際に自律神経失調症はストレスが最大の要因となっているため、できる限りストレスからの解放を目指しながら症状を和らげるための対症療法も行っていかなければなりません。

 

自律神経が乱れると起こる身体的な症状

 

自律神経失調症は単なる心理的な問題と考える人もいるかもしれませんが、自律神経失調症の具体的な症状のほとんどは身体的なものです。実際に身体症状が出ていながら器質的な問題が見当たらないのが自律神経失調症の特徴です。特に単純な疲労と区別の付きにくい症状が多いため、自律神経失調症にありがちな身体症状が複数あったなら疑ってみることが必要です。

 

自律神経失調症で高頻度に見られる身体症状としては、各所の筋肉の凝りがあります。特に首や肩は起こりやすく、デスクワーカーにとって大きな問題となります。ただしデスクワーカーにとっては自律神経失調症と関係なく肩こりや首凝りは起こりやすいため、判別しにくいものです。

 

胃痛を伴う胃炎やひどい場合は胃潰瘍、そして胃酸がこみ上げる逆流性食道炎なども頻繁に見られる症状です。特に慢性胃炎の診断を受けた場合、ピロリ菌が陰性ならば自律神経失調症を疑うべきです。ストレスから来る自律神経失調症の場合、とにかく胃酸過多が強く出て胃痛や胸焼けに悩まされることになります。

 

他には、偏頭痛もよく起こる症状です。偏頭痛は脳血管の拡張が原因で起こることが多く、自律神経失調症は血圧の調節が狂いやすいため脳の神経を刺激して頭痛を起こします。偏頭痛はとにかく痛く、辛いものですので、偏頭痛が起こることでストレスを感じ、さらに自律神経失調症が悪化するという悪循環も起こりやすいため我慢せず頭痛止めなどに頼ることも必要です。

 

自律神経が乱れると起こる精神的な症状

 

自律神経失調症は精神的にもバランスを崩すことが多く、自律神経失調症をきっかけに精神的な疾患を患ってしまうということはよくあるため、自律神経失調症自体がさほど重度だと思わなくてもしっかり治療しておくことが勧められます。またそもそも、精神的な不安定感というのは自分自身では正確に評価しづらいという問題もあります。

 

自律神経失調症の精神的な症状としては、情緒不安定・集中力欠如・不眠の三つが挙げられます。情緒不安定は感情の振れ幅が極端に大きくなり、一見たいしたことではないようなことでも深く悲しんだり突然怒り出したりします。

 

理由無く悲しんだり怒ったりすることは基本的にありませんが、周りからは理由もないのに急に…という風に見られがちです。集中力の欠如は完全に身についているはずのルーティンワークで思いもよらないミスが増えたり、短期的〜中期的な記憶に問題が出たり(物忘れ)、集中力散漫・意欲の欠如などが表れます。

 

 

これらの症状は自律神経失調症であることを知らないと単に怠けていると判断されがちなのが治療をさらに難しくさせる大きな問題です。最後に不眠症は、単に寝付けないだけでなく中途覚醒・早期覚醒なども含みます。

 

どれもあまり親しくない職場の人間などから見ると、関わるのが面倒・怠け・堕落などといった極めてネガティブな視線で見られがちです。そのため自律神経失調症は放っておくと悪化する一方であることが多く、初期に病院などで診てもらった方が結果的に周りと問題を起こさずに済むことも多いです。

更新履歴